読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IDE@Plex

C#,WPFやXamarinでのアプリ開発備忘録

〔C#〕XMLの読み書き

C# 技術

今回は気が向いたのと備忘録も兼ねて、C#でのXMLファイルの読み書きについて。
単純な読み書きだけだから、細かい処理とかはまたいつか。

◆目的

XMLファイルの取り扱いを学ぶ。

◆実装

まず、保存するデータを持つクラスを作成

よくあるPersonクラス

Personクラス

こんなクラスがあったとする。 まずは、XMLに書き込む処理

XMLに書き込む処理
これで、PersonのリストをXMLに保存することが可能。

次に、XMLからの読み込み処理

XMLから読み込む処理
これでXMLの中身を、Personのリストで返してくれる。

◆まとめ

XMLの中身は

書き込み後のXMLの中身
こんな感じになると思われる。
Nameの「aaaaa」とAgeの「20」は保存する前にリストに入れたデータ。

コード内ではリストで保持するので、データをごにょごにょしやすい。
使用頻度が高いかどうかは別問題。

※2016/3/15にリライト。